家の教会

  家の教会を支えている理論として、「4本柱」で説明します。この4本柱が家の教会が継続するために支えています。
① 聖書的な教会の存在目的(マタイ28:18−20)
主の大宣教命令、これこそ教会の存在目的であり、私たちは、洗礼を授け、主のみことばを教えることによって、魂を救い、信徒を主の弟子とすることを目的としています。
② 聖書的な弟子訓練方法(マルコ3:13−15)
知的な学習ではなく、「家の教会」の中で信徒リーダーが模範を示し、互いに仕え合うことを実践することによって、知識だけではなく、主の弟子としての力を養います。
③ 聖書的な役割分担(エペソ4:11−12)
牧師・教職が教会を建て上げるのではなく、牧師は信徒が教会を建て上げることができるように信徒たちを整え、祈りとみことばによって支えます。信徒は、「家 の 教 会」を通して奉仕しながら、教会を建て上げます。
④ 聖書的なリーダーのあり方(マタイ20:25−28)
しもべとして仕えることで、リーダーシップを発揮します。 しもべとは、自分の必要より、共同体の必要を優先する者のことです。
家の教会の3つの軸:
家の教会が円滑に回り、成長するために欠かせない「3つの軸」です。
① 家の教会の集い(牧場)
各集い(牧場)を通して、家族のように互いに愛し励まし合います。
② 家の教会の聖書勉強クラス
複数ある聖書勉強を通して、進行的な疑問や聖書の実践の仕方を学びます。求道者の方にとっては、最初の聖書クラス「いのちの道」が、聖書的な確信を伴った信仰告白への助けとなります。
③ 家の教会の主日礼拝
恵み豊かな聖書礼拝を通して、神様との関係の回復を経験し、信仰生活の糧とします。

聖書的な四つの柱を土台とし、三つの軸を実践することで、新約時代の教会の姿を現在に再現し、「魂の救いと弟子づくり」の教会使命を果たしていきます。